スキンケア

20代から始めるエイジングケア①スキンケア編|mimi公式

20代から始めるエイジングケア|mimi公式

こんにちは!mimiです。 こんな質問をコメントでいただきました。

 

FullSizeRender 

 

何回かにわたり、「10年後に差が出る!20代から始めるエイジングケア」を、スキンケア編と美容医療編に分けて書きたいと思います👍

 

◎スキンケア編 前提としていえることですが、まずニキビや酒さなどの皮膚疾患がある方は、医療機関でしっかり見てもらい治療を優先しましょう🙏

肌に目立ったトラブルがない方、スキンケアでマストなのが、まずいつも書いている三拍子。  1、こすらない 2、洗いすぎない 3、紫外線対策 この3点は絶対に守るようにしましょう。 2、洗いすぎないについてはこちら。 3、紫外線対策については、オレゾの日焼け止めを個人的には推しています。 20代の方に限らず、この3点はとても大切なスキンケアの要です。 今日は要その1「こすらないケア」とは何なのかについて書きたいと思います。 ◎そもそも”こすらない”ってさ… どのレベルでこすらないか、ってことですよね。結論から申し上げると あらゆる緯度・経度で1mmたりとも皮ふを動かさない😤😤😤 というのが、私のなかの”こすらない”ケアです。 私が17歳から15年愛用していた、れんげ化粧水の使い方です。 私はこのれんげ化粧水を使用していた際に、こすらないケアを身に着けました👍✨ 特筆すべきは顔の洗い方なんですけど、れんげ化粧水では 洗面器にためたぬるま湯の中に顔をつっこんで、5秒を顔をつけろ!!! … これだけなんですよ、洗顔😂 そして洗顔後の水分をとるのも、タオルではなくガーゼハンカチの使用が推奨されています。 IMG_2847 私のお風呂場はこんな形で、ガーゼハンカチが常に何枚か置いてあります。

IMG_2848 顔の水をとるときは、このガーゼハンカチでやさしく顔を抑えます。 (あまりにも使い込まれすぎてて、すみません😂💦 でもこれくらいくたっと馴染んでいる方が生地が柔らかくなっているので、更に肌への負担が少ないです😙) 

さすがに洗面器は今置くスペースがなくてできてないのですが、できればこの方法で洗いたいくらいです。 (現在は、手のひらにお湯をためて、そこに顔を浸す感じで顔を洗っています)  上記サイトには、れんげ化粧水のつけかたも書いてありますが、一滴ずつ化粧水を肌の上に置く形でつけていきます。 つけ終わるころには、顔の上水滴だらけです😂 これはあまりにも極端なケア方法ではありますが、ここから学べる大事な点。 押し込んだり・刷り込んだりしない🤚 こすらないケアを意識している方でも、スキンケアのとき、ついしみ込んでほしい一心で、しつこくしつこくハンドプレスしていませんか?
顔に圧をかけていませんか?  それも肌、こすっているに入ります😂💦 エンビロンをつける時、お高いのでついじっくりとハンドプレスしたくなりますが、一通り馴染ませたあとは決して押さないように、圧をかけないように、手を”当てる”くらいの力加減でも十分効果は出ると思います😊
というか肌って、押し込んだくらいで入っていく組織じゃないです😂💦  もう一つこれもれんげ化粧水の考え方なりますが、 顔に触る回数を減らす👋❌ ことも、大切な”こすらない”ケアです。 みなさん、一日に顔を何回触ってますか? 洗顔、スキンケア3点セット、日焼け止め、下地、ファンデ、チーク… フルでメイクすると、朝の支度だけでで8回顔(特に肝斑が出やすい頬の部分)に触ることになると思います。 私がエンビロンを推している理由の一つに、 ”すべてを混ぜて使うことができる” という点があります。 またノーファンデで外出できる肌を目指すことを推奨するのも、なるべく顔に触る回数を減らしたいからです。 私は現在朝は洗顔もしないので、エンビロントーナーをなじませる⇒Aブースト2とACEオイル、Cブーストクリームをすべて混ぜて塗る⇒日焼け止め(オレゾ)を塗るの3回顔に触っています。 顔に触る回数減らすためには、必然的にスキンケアに使う製品数が減ってくるということになると思います😊✨ ◎以上!mimi流”こすらない”ケアとは
◎あらゆる緯度・緯度経度で1mmたりとも顔を動かさない ◎押し込んだり・刷り込んだりしない ◎顔に触る回数を減らす 
この3点が基本になります。 
ここから導かれる結論は下記のとおり! 
・顔のマッサージやコロコロ(リ◎ァみたいなやつ)はやらない。 ・エステに頻繁に通わない。(私は行ったことないですが、リラックスできるなら過度なケアをしすぎないように行く) ・スキンケア用品の点数を増やしすぎない。 ・ノーファンデが推奨だけれど、ファンデーションをつけるなら、こすらないでつけられるものにする (さらっとしたパウダーファンデを大きくて柔らかいブラシでふわっとつける、もしくはパフでやさしく押さえる。リキッド系をどうしてもつけたいならクッションファンデにする)
◎こするケアを続けると…
こするケアを続けると何に悪いのか。 
☆肌のバリア機能が乱れて敏感肌になりやすくなる。 ☆肝斑という難治性のシミが、接触性の刺激によってできやすくなる。 ☆毛細血管拡張症になり赤ら顔になりやすくなる。 ☆皮ふや靭帯が伸びてたるみの原因になる。 
などなど、本当にいい影響は一つもないです😞 
しかも肝斑という難治性のシミが一度出ると、基本的には完全には治らないので、長い時間付き合っていくことになります。 肝斑が出ると、シミ焼きレーザー、IPL(光治療)、フラクショナルレーザー、ダーマペン、マッサージピール等々…
本来効果が高い美容医療を行うときも、常に肝斑悪化のリスクが付きまといます😭
ホルモンバランスも原因と言われているので、肝斑が出る時は出ると思いますが、減らせる原因は減らしましょう!
◎まとめ  
”こすらない”ケアの何がいいって、今すぐできて無料、ってことです✨✨✨ そして今までこするケアが当たり前だった方なら、1週間くらい続ければ、お肌の調子が改善する実感を持てると思います。
思い立ったが”こすらない”記念日!  是非だまされたと思って、試してみてください😊 ありがとうございました🙇‍♂️