美容医療

20代から始めるエイジングケア②美容医療編|mimi公式

20代から始めるエイジングケア|mimi公式

こんにちは!mimiです。




こちらのツイートが、自分で思ったよりも、多くの方からご反響いただきました。 

今の20代の方で、「美容医療に興味はあるけれど、何からやっていいかわからない!」という方が多いのだなあということを、改めて実感いたしました😊

そうだよねー、20代の時私も「老ける」のが本当に怖かった。。😭😭😭

36歳になった今思うのは、年を経ればその分得るものも増えるし、今は私が若いころよりもいい美容施術がたくさん増えているし、みんな大丈夫だよ🙆‍♀️

今日は、「年を重ねること、そんなに怖がることないよ!」(まだ36歳だけど)っていうことを、私mimiのこの10年の美容遍歴とともに皆様にお伝えしていきたいと思います🙇‍♂️


◎この10年、mimiの変化

まずはとりあえず、私mimiのこの10年の変化をお見せしたいと思います。

IMG_3245

なかなか同じ条件の写真を見つけることが難しかったです。
光加減が全然違うので、肌色とかはあまり参考にならないかもしれません🙇‍♂️

左 ⇒ 2011年(26歳~27歳)
右 ⇒ 2020年(36歳)

となっております!

32歳の時に出産、34歳の時にはー12キロのダイエットをしています。
現在は、独身時代と同じ体重に戻りました。

自分としては、(たぬき顔の割には)かなり頑張っている方かなと思ったのですが、いかがでしょうか😂💦

変化した点を挙げると、写真では消さなければならなかったのですが、目じりが若干下がって優しい顔になっています。眉と目の間隔も少し広くなってきていると思います。

また、もともと「ペコちゃん」とあだ名がつくくらい頬周辺の肉の張り感が強かったのですが、その頬肉はだいぶ減ってしまいました。(20代の方、頬肉嫌かもしれないけどそれ宝物ですから😂✨✨)
今は頬骨の上に少量のヒアルロン酸を入れていますので、そんなに大きな変化には感じられないと思います🙏

自分で頑張ったと思う点は、肌の質感の管理と、フェイスラインの管理です。
写真を見てお分かりいただけるとおり、若い時から、身体がやせていても二重顎になるタイプの私。。😱😱😱
これに関しては、むしろ今の方がフェイスラインは綺麗に出ているのではないかと思います🤔

 

また写真だと分かりにくいのですが加齢により頰肉が減ったことによって、逆に法令線は薄くなりました🤭✨ まあこれは単なるラッキーかなと思います👍

友人にもこの写真を送り付けたところ、「あの時より、今のが若い!」と言ってもらえました😊(いやそれはないだろ)
流石にそれはないけど、「よくできましたで賞💮」くらいは欲しい!


◎mimiの美容スキンケア編を念のためおさらい

やってきたことのスキンケア編は、このあたりにまとめてあります。




ポイントだけ要約します。

☆肌を絶対にこすらない。
☆紫外線対策を必ずする。

☆顔を洗いすぎない。(私の場合は、石鹸とクレンジングは使わない)
☆ビタミンAをスキンケアに取り入れる。(私の場合は、エンビロン)


◎mimiの美容医療遍歴

さてここからが本題。

私が美容医療に初めて足を踏み入れたきっかけは、忘れもしない25歳のとき。
あまりにも過酷な仕事に当たってしまい、終わったあと疲れ果て、鏡を見たときのこと…

「あれ?! 私、なんか老けてね????😳😳😳😳」

初めて明確に「老けた」ことを認識した瞬間でした😭💦💦

当時、人前に出ることが多い仕事をしていたこともあり、慌てていろいろ調べたところ、近所の保険診療もやっているクリニックで、ショッピングスレッドの施術をやっていることを知りました。

初美容医療がスレッド系っていうのも逆にびっくりかもしれませんが、2011年当時はまだレーザー治療が本当に高かった!!😭💦💦
ショッピングスレッドリフトは、10本で25000円くらいだったので(現在では20本22000円くらいで受けられる施術になりました)これなら手が届く!!!

 

ということで、25歳から、大体毎年1回〜2回程度の感覚で、ショッピングスレッドを10〜20本ずつ入れるということを続けてきました👍
これは、私の顔(頰に脂肪が多いタイプ)には、とても有効だったと思います✨

ショッピングスレッドとは、「鍼(はり)」と「糸」を挿入することで、若返り効果を得られる治療法です。髪の毛よりも細い極細吸収糸が装着された特殊な針で皮下に糸だけを入れ込んでいきます。施術後のはれや内出血といったダウンタイムが少なく、そのままショッピングに行けることから「ショッピングスレッドリフト」と命名されました。吸収糸は約6~8ヶ月程度で吸収され、埋入された糸が吸収される過程で皮下組織に刺激を与え続け、継続的に皮膚の代謝や血行を改善することで即効的なリフトアップや美肌効果が期待できます。
https://beauty.hs-c.ne.jp/shopping-thread/ より引用

一本一本は細い糸ですが、編み目状に入れることで、脂肪の下垂を予防してくれたと自分では思っています😊


◎34歳からの美容医療


たまにシミ焼きやIPL(光治療)などはポツポツやっていましたが、私が本格的に美容医療にはまったのは実は結構最近です。
34歳の時に―12キロのダイエットに成功した話はこちらに書きました。



この記事にも書きましたが、いざ痩せてみるとたるみが気になる…😱💦

そして息子を出産してからさぼっていたツケが回ってきているのか、とにかく肌がきれいじゃない…😞
昔から肌理は細かい方で、人からお肌を褒めていただくこともありましたので、とにかくこれはいかんと目が覚めました😳

そこでいろいろ調べてみると、まずクリニックの数自体が増えてる✨✨
そして以前はなかったクーポンサイトの存在…🤭✨✨
いろいろなクリニックを調べては回る、クリニック道場破りのごとき存在になり果てました😤🔥(大げさ)


◎大前提!20代の美容医療に対する私の考え

まずお勧めの施術に移るまえに、私mimiが美容医療を行う上で、20代の間に自分に課していたルールをお伝えしたいと思います🙏

☆不可逆の施術はしない。

 ⇒言い方は悪いですが、”たかが肌”のために、失敗したときに取り返しのつかない施術をするべきではありません。
 
例えば”溶けない糸”を顔の中に入れてリフトアップ効果を狙う施術がありますが、これは感染を起こした時に抜去するのがとても難しいです。また、引きつれやボコ付きが生じても、それを直せる保証がありません。失敗しても、時間とともになんとかなる施術(溶ける糸、肌表面に働きかけるレーザー系)しか20代はしないようにしようと決めていました。

☆肌を”傷つける”系の施術は慎重に行う。

 ⇒美容医療は魔法ではないので、効果が出るためには仕組みがあります。大抵の施術は、
 
”肌を傷つけて時の、快復する力を利用して効果を出す”
”肌の快復力を応援することで効果を出す”
 
の二種類に分かれます。
 
みなさまが大好きなHIFU(ハイフ)も、高いエネルギーで肌の奥を焼くことによって、引き締め効果を高めています(簡単に説明すると)。こういった”傷つける”系の施術を若い時からいたずらに行うことは好ましくないと、私は思っています。
こちらにも書きました。↑

☆”減らす”系の施術は慎重に。

 ⇒前の2つにも重なるのですが、入れたものは(大抵)抜くことができますが、一度減らしたものを戻すことはできません。
特に加齢をすると、自然といろんなものが減ってきたり、落ちた来たりします。また、元から入っていたものがなくなれば、しぼんだ風船と一緒で、皮が余りますので、その皮をなんとかするための施術が別に必要になります。
よく考えてから減らすならまだしも、安易な気持ちで”減らす系”の施術を受けるのはやめましょう。(脂肪溶解注射や脂肪吸引、ウルセラなど)
 
※特に頬のトップ付近、中顔面の脂肪は宝です✨✨✨ 安易に減らすべからず!

☆リスクとベネフィットを比較して、リスクが高いと判断したらやらない。
 
 ⇒美容医療には、常にリスクがつきまといます。施術をする前に、そこから得られる効果と危険性を、きちんと比較してください。
例えば、HPにいいことしか書いていないクリニックなら、そこで施術をするときは注意をした方がいいでしょう。施術の前に必ず、どういった危険性があるのかを医師にきちんと確認するようにしてください。


◎25歳から始める美容医療、mimiのお勧め

大前提なんですけど、20代っていくらお金があっても足りないですよね?😂💦💦
服も買いたいしコスメも買いたいし、出会いの場に足を運ぶにもとかくお金がかかる💸

今回はコスパも含めた、25歳から始める美容医療、mimiのお勧め施術を、顔タイプ別に書いていきたいと思います👍

☆全顔タイプにおすすめ
 
・テノール(高周波)
私mimiの大のお勧めが、このテノールなる高周波です。
詳しい説明は下記を読んでいただきたいのですが…


肌の奥まで重層的に加温することで、肌のコラーゲンの生成が促されるのと、血流とリンパの流れを改善します。
施術後のイメージとしては、すっごくよく寝た時の肌が3日間続くような感じですね。
残念ながら、目立った即効性はない地味ー🤣な施術です。

しかし続けることによって、5年後、10年後も若々しい肌でいたい方には、めちゃ低リスク、高ベネフィットな施術といえます🤭✨
(金融商品でいうと、確定拠出年金みたいなものだと思っといてください🤣)

価格も都内だと10000円~20000円くらいで受けられるところが多いです。
 
「臨時収入があったら行く」、くらいのニュアンスでよいので、ぬるぬる続けていくのがお勧め。
惜しむらくは、あまりにも地味な施術ゆえ置いているクリニックが少ないことです!
もっと人気が出れば、いろいろなクリニックが導入してくれると思いますので、こうしてお勧めしております🤭(自分のためかい)


・シミ焼き治療(レーザーやIPL)

まだ書いている途中なんですが、こちらの①からはじまるシミ焼き治療シリーズで、シミ焼きについて記載しています。

シミ焼きは基本「肌を傷つける」系の治療ではありますが、これだけは思い立ったが吉日で早めにやった方がいいと思っています。

なぜかというと、女性は20代~40代に”肝斑”という難治性のシミが、女性ホルモンの影響によって出現しやすいからです😱😱😱
(ソースはないのですが、Twitterで「気づいていないだけで9割以上の女性に肝斑がでている」と皮膚科で言われた、という話がこの間流れてきました…)

”肝斑”が一度でると、薄くはなることはありますが、閉経するまでは完治が難しいのが現状です。

そして、シミ治療で使う色素に反応する系のレーザーやIPL(光治療)は、肝斑があるとほとんど受けられなくなります。

肝斑が悪化してもやりたい、という場合でしたら別ですが、基本肝斑はレーザーやIPLを打つと悪化するといわれています。
この肝斑がまだ出ていなくて、既に気になるシミがあるなら、できるだけ早くシミ治療はした方がいいというのが、私の考えです。


☆アンパンマンタイプ(顔に脂肪が多い)方におすすめ

IMG_3276
 
アンパンマンタイプの顔立ちの方は、とにかく肉を減らす系の施術をしたくなると思います。ただ、中顔面(目の下から上唇までの間の顔面)の脂肪を減らすのはあまりお勧めしません🤚
 
前述したように、大半の方は30代後半になると中顔面の脂肪も自然に減ってきます😭💦
 
ただし、下顔面に脂肪のたまりがある方。ここに重さがあると、将来その脂肪が下垂して、フェイスラインの崩れに繋がります。
 
IMG_3274

ここの脂肪は、皮膚が伸びてしまう前に少しずつケアしていきましょう👍
 
・ウルトラアクセント(超音波+テノール)
 
ここの脂肪を無くしていくのに良い施術が、ウルトラアクセントです。これは、先程紹介したテノールという高周波を当てる前に、超音波で脂肪細胞にアタックするという施術です🔥
 
痩身エステに行ったことがある方なら、キャビテーションといえば分かるでしょうか🤔(テノールはサーモシェイプに似ています)
 
回数は5回以上かかることが多いですが、脂肪のケアとたるみのケアがいっぺんにできる一石二鳥ケアになります✨✨
 

詳しい説明はこちらを読んでみてください🙏

 

顔の脂肪が気になる時はウルトラアクセント、気にならなくなったらテノール、と言った組み合わせ技もお勧め👍

 

相場は都内で、やはり10000円〜20000円くらいだと思います。(コースで安くなるところもあり)

【2020.1.31追記】
脂肪を減らす系の施術って、他にも手軽なもので「脂肪溶解注射」(BLNSやカベルライン )などがあると思います。

 

私がそれでもウルトラアクセントを推すのは、信頼している形成外科の先生に

 

「脂肪溶解注射はたるむからやめなさい」

 

🤚と言われたからというのが大きい理由です。(あくまでその先生の意見)
少なくとも、脂肪が減ったあと、なんらかの引き締め施術をする別にする必要があると思います。

 

ウルトラアクセントは、脂肪を減らすのと引き締めが一緒になった施術なので一石二鳥👍
そして1回の効果は少しずつなので、これ以上減らしたくないラインに来たら、そこでやめることができるのも推しポイントです😊✨


・ショッピングスレッド(溶ける糸)

先ほどもご紹介したショッピングスレッド。
脂肪が多いアンパンマンタイプの顔の方には、中顔面の下垂を防止する、という意味で私は推します😤
「こんなの何本入れても効果ないよ」、という方もたまにいらっしゃるので、そういう方はスルーしてください🙏

ショッピングスレッドのよいところは、安いことと(20本21000円程度)、糸治療の中では低リスクな方だからです。
脂肪の下垂を予防するならもっと長い糸を入れたいところですが、コグ糸(とげとげがついてる長い糸)はやっぱり溶けるタイプでも、ボコ付き引きつれのリスクが大きいです。あと高い!💸

いくら溶ける糸とはいえ、半年間顔に変な凹みとかあったら、私は嫌なんですよ😞

その点ショッピングスレッドは糸が細くて短いので、ボコ付きや引きつれのリスクはだいぶ低いです✨
半年~10カ月ごとくらいに入れる必要はありますから(それくらいで糸溶けるからね)、そこをどう取るかはあなた次第。

あとは表面麻酔してても施術が痛い!!!!😰😰

それに耐えられる方にはお勧め(「ファイト―!一発!😤」って言っても20代にはわからないかごめん🤣)

 

☆ホラーマンタイプの方におすすめ

 

IMG_3275

頬骨やエラが張っていて、どちらかというと頬コケしやすいタイプの方。
 
基本的にはそのままの顔で進むことが多く、コケにさえ気をつければ今のままの状態を保ちやすいタイプであると個人的に思っています👍
 
ただ、肌質が悪くなると不健康に見え方だと思いますので、肌表面の質感管理を頑張っていきましょう😊
 
・マッサージピール (別名コラーゲンピール)
 
トリクロロ酢酸と低濃度過酸化水素配合の奇跡のピーリング剤、prx-t33✨✨(はじめスターウォーズに出てくるこの人たち仲間かと思ったわ🤣)
 
FullSizeRender
 

詳しい説明はこちら。↑

何がすごいって、表皮へのダメージは最小限に、真皮深層へ浸透し線維芽細胞に働きかけるところですよ!
表皮へのダメージについてですが、普通ピーリングって強くやろうとすると、肌が赤くなったり激しく皮が剥けたりしますが、そのリスクが低いです👍

コラーゲンが生成されハリ感が生まれるのはもちろんのこと、私的に最もポイントが高いのが、

コウジ酸のメラニン抑制効果により、まだ出てきてないシミにもアプローチしてくれる✨✨✨

点です!!

FullSizeRender
黄ぐすみも抑制する効果があるとは…🤭✨
私が知る限り、まだ出てきてないシミのもとにアプローチできる施術って、トレチノイン+ハイドロキノンか、マッサージピールしかないです。(他のもあったら、是非教えてください🙇‍♂️)

施術は薬剤を塗り塗りするだけ。リスクとしては塗るときに摩擦されることかな🤔
私は、肝斑が出やすい頬の高い部分は、看護師さんに「あまりその部分を強く擦らないようにお願いします🙏」とリクエストします。

都内の相場は、10000円〜15000円程度です。ホラーマンタイプの方向けと書きましたが、全タイプおすすめかもしれない、私の好きな施術です✨

終わったあとはお肌艶々ピーン!とします。定期的に続けたい治療のひとつ。

【2020.1.31追記】
・エラボトックス

これを書き忘れていた!エラボトックス!!

ホラーマンタイプの顔の方によくあることと思うが、

「頬骨とエラが突出しているために、その間にある頬のラインが相対的にコケて見える」

という現象です😱
まさにホラーマンをイメージしていただけると分かりやすいのですが…💦

このタイプの方は、凹んだところを埋めるフィラー(充填剤のこと、ヒアルロン酸とか)を検討する方が多いと思うのですが、これは量が必要です。そして顔にたくさんのヒアルロン酸を入れること、しかも下顔面にいたずらに荷物を増やすと、今度は重みで下垂するリスクが出てくる…😱💦

ということで、私がまずオススメするのはエラボトックスです👍

FullSizeRender
すんごい雑で申し訳ないですが、エラを削ることで、目の錯覚でコケを目立たないようにしましょうって話です。
 
それでもって、「エラボトすると頬が余計にコケるのでは?」と思っているそこのあなた!
こちらの田宮先生のブログをご覧ください。


前腹の上方だけはのこして、前腹の下方と後腹全部にボトックスを効かせます
咬筋前腹をどの程度動かせるようにしておくかは、その方の骨のかたちと、噛み癖で判断します
そうすると、頬がこけることなく、筋繊維が細くなり、フェイスラインの骨のかたちがしっかりでてきます
ベース型の顔のかた、エラが張っている方は、ほとんどが、肥大した咬筋が骨格を覆い、かくしてしまっているだけです
もうひとつ、この治療の良い点は、咬筋以外の筋肉がだんだんしっかりはたらくようになってくる点です
(太字は私が入れました)

なんと!!

エラというのは骨というより咬筋という筋肉の問題が大きい、適切な打ち方をすればフェイスラインの骨の形が出てくると…🤔✨

厳密にはお一人ずつの顔のタイプがあると思いますので、鏡を見ながらよく検討してみてください😊
ただボトックスはもしイマイチでも、初回ならどのみち4ヶ月くらいしか効果は持ちません。「失敗しても時間と共に解決される」施術なのは、大きいポイントです👍

また、ソースを失念してしまったので話半分に聞いていただきたいのですが、とある皮膚科の先生が

「エラボトはたるみ防止の為にも、やるなら20代から始めた方がよい」

とおっしゃっているのをみた記憶があります。

まあこれは分かりやすい話で、「中身がなくなった風船は萎む」理論です。要は、長年エラが張っていてそれに合わせてフィットしていた皮膚が、ボトックスを打つことでエラが少なくなったら、その分たるむよね?って訳なので。

この場合は、また皮膚自体を引き締める治療が必要になってくるわけです😂
だからそうなる前に、エラボトを継続的に考えている方は、一度早めに試してみましょう👍


☆ざらつきや重度の毛穴、凹凸のニキビ跡が気になる方
 
前提として、新しいニキビがもうできてなくて跡が気になる方向けのお話です。まだリアルタイムにニキビができている方は、万難を排してニキビ治療に特化した皮膚科に行った方がいいと思います🙇‍♂️

「ニキビ跡や毛穴が気になるけど、何からしたらいいかわからない」、という方。

ニキビ跡の治療は、美容医療ですと基本「肌を傷つける」系の治療をすることになります。つまりニキビ治療をするなら、

回復力が高い若いうちにやってしまった方が、治りも早いです

具体的には、フラクショナルレーザー(細かい点状にレーザーを照射して穴を開ける)や、ダーマペン(細い針がたくさんついたペンで穴を開ける)、RFフラクショナル(細かい針がたくさんついた機械を刺したところに、ラジオ波を加えて熱を流す)、などの治療になりますが、どれもダウンタイムは必至となります🙏

もし真剣に治療なさりたいなら、20代から行う方が効果が出やすいのではないかと、私は思います👍


☆番外編

番外編というか、これもいいんじゃない?ってうのをいくつか挙げておきます。
お勧めって程ではないですが、こういうのもありますよ的な感じでとらえておいてください。

・ジェネシス
⇒ロングパルスYAGレーザー。顔の赤みが気になる20代にはめっちゃ推せる。
レーザーピーリング効果で肌質改善も臨めます。なぜかこれと、タイタンを合わせて照射するのを推してるクリニックが多い。
価格が少し高い(15000円~25000円)ので、クーポンサイトで安く出てるのを見つけたらすかさず打ちにいきたい。
・ハイフシャワー
⇒浅い層にシャワーのようにあてるHIFU。表層への引き締め効果強そうで興味あるのですが、なんだか値段が高い。
一回30000円~80000円くらいのところもあります。よさそうだけど、コスパが悪い印象。

・タイタン
⇒近赤外線で熱を加えて引き締める。おそらくですが、テノールとサーマクールの間(ややテノールより)くらいの効果がありそう。
私は受けたことないですが、受けてみたいレーザーのひとつ。しかし価格がやや高い(20000~30000円)んですよ。それならテノール3回受けたいかなってなってまだ受けたことない。

・ポラリス
⇒ダイオードレーザー+RF。4年ほど前に一度トライアルでやって、そこから1週間はお肌ピカピカでした。
5000円くらいで受けられるところ多いので、イベントごとの前にはお勧め。
ただ古い機械のようで、置いてあるところが少なくなってきています。


◎まとめ

以上😤

25歳から始める!美容医療との賢い付き合い方について本日は書いてみました🙏
書きたいことが多くて、いつもにも増して長くてすみません💦💦

そして、すんごいつまんないこと言うからがっかりしないで欲しいんですが、基本はやっぱり

・適切な食事(高たんぱく、良質な糖質、野菜もバランスよく)
・適切な睡眠
・適切なスキンケア


この3つです👍

美容医療は魔法ではないので、やっぱりこの基本が疎かになっているところに課金しても、効果は出にくい!!

あと偉そうにいろいろ書いてきましたが、私もまだ所詮36歳。
アンチエイジング界を相撲界に例えると、まだ番付に載る権利もない、毎日四股踏んでるだけみたいなペーペーですから🤭

とりあえず25歳から35歳の10年を生き延びたい(?)方向けのブログと思っていただけると嬉しいです。

ありがとうございました🙇‍♂️